子どもの見たい、知りたい!応援キャンペーン

  • LINEで送る
  • facebookでシェアする

[キャンペーン期間]

2018年10月10日〜11月30日まで

読売KODOMO新聞ってなに?

子どものために作られた新聞

『読売KODOMO新聞』は主に小学生のために作られた新聞です。小学生向けのニュースや知識を分かりやすい言葉で解説してくれます。

まるで雑誌!写真とイラストで
分かりやすい解説

小学生なら知っておきたい時事ニュース・社会の仕組み・一般常識を、たくさんの写真やイラスト、グラフを使って教えてくれます。

ニュースだけじゃない!
面白い特集&学習コーナー

『読売KODOMO新聞』に掲載されるものは時事ニュースだけではありません。バラエティーコーナーや四谷大塚監修の勉強コーナー、ファッションコーナーもあります。

子ども新聞の効果ってスゴイ!

新聞を読む子どもは成績が良い

[キャンペーン期間]

2018年10月10日〜11月30日まで

購読者の感想

小学2年生の息子は勉強や読書が大の苦手で、教材を買ってみたりしたのですが、ほとんど効果がありませんでした。そこで苦肉の策で購読し始めた『読売KODOMO新聞』でしたが、写真やイラストがたくさんあるせいか、子どもの食いつきがとてもよく、自分から読み始めるほどでした。息子にとっても内容が分かりやすいようで、新聞で読んだことを食事中に話してくれることもあり、家族のコミュニケーションも増えました。勉強にも積極的になってくれて本当によかったです。

写真や解説用の図が充実しているので、新聞というより、図解や雑誌に近いです。あまり勉強が好きな子ではありませんでしたが、親子で一緒に読んでいるうちに会話が弾み、自分から質問したり、興味を持ってくれるようになりました。とくにコナン君の時事ニュースが好きで、毎週ノートにスクラップしています。学校の成績も少しずつ良くなっているので、評判通り、教育にとても効果はあると思います。

子ども新聞という名前ですが、正直大人が読んでも楽しめます。解説がしっかりしているので、実はよく分かっていなかったことをスッキリ理解できるようになりました。もしかすると子ども以上にハマってしまっているかもしれません(笑)。最近は読売KODOMO新聞が木曜日に届いて、娘と一緒に並んで読むのが習慣になっています。

祖父が誕生日にプレゼントしてくれたのが読売KODOMO新聞でした。もともと子ども新聞というものを知りませんでしたが、息子はとても喜んでいるようで、毎週新聞が届くのを楽しみにしています。新聞を読み始めてから読書量も増え、親から見ても賢くなったなと思います。勉強ができるかどうかわかりませんが、少なくともいろんなことに興味を持ってくれるのが嬉しいです。

野生の王国(R)群馬サファリパークは、五大陸から集められた放し飼いの動物たちの自然な生活ぶりを車や園内周遊バスで見学するサファリ型自然公園です。園内には、車やバスで園内を周遊しながら野生動物の生態を観察できる「サファリエリア」と、観覧車などの遊具で遊べる遊園地のほか鳥や小動物と触れ合える「アミューズメンエリア」があり、100種1,000頭羽の動物たちが暮らしています。到着したら、さっそくサファリゾーンへ。「エサやり体験バス」「サファリバス」といった周遊バスを利用するか、自家用車でも園内を周遊できます。

サファリといえば、百獣の王・ライオン。「エサやり体験バス」(1人1,300円)に乗ると、エサやりが体験できます。目の前に迫り来るライオンは大迫力! 口の大きさや目の色、たてがみのようすを間近で観察してみよう。群馬サファリパークでは、草食動物のエサやりも体験できます。

「ウォーキングサファリゾーン」は、バスや車を降り、歩いて動物たちを観察できるエリア。ヤギやヒツジにエサやりをしたり、ウサギと触れ合ったり、エリア内に設置されたクイズに答えながら、動物たちのことを知ろう。のんびり顔のラマが、ほおをふくらませたら要注意!唾液を飛ばしてきます!

大きな動物を見て「怖い」と泣いてしまうお子様たちも、ウサギのふれあいコーナーではみんな笑顔に。どんな風に抱っこしたらウサギは安心してくれるかな? エサやりをしてモフモフのウサギたちと仲良くなろう。

ウォーキングサファリゾーン内にある、ネコ科の動物が暮らす「ワイルドキャッツワールド」では、ネコ科の動物の「木の上に登る」という特性を生かした展示が楽しめます。頭の上で大きなホワイトタイガーがすやすや眠っていると思ったら、草むらからチーターが突然顔を出したり、ドキドキワクワクの連続です。

[キャンペーン期間]

2018年10月10日〜11月30日まで

子どものペースで
ゆっくり回る

子どもの着眼点は大人とまったく違います。親心としては貴重なホワイトタイガーやライオンを見せたくて、ついつい急いで連れまわしてしまうもの。しかし、子どもたちはライオンよりもヤギに興味を示すことがあります。ホワイトタイガーを眺めていると思いきや、ウンチにくぎ付けになっていることも少なくありません(笑)。大切なことは、大人のペースで連れ回すのではなく、子どもが何かに興味を示したら、本人が飽きるまでゆっくり付き合ってあげることです。

音声ガイドで
なんで?に答える

サファリツアーにはガイドが同行するか、音声ガイドを持ち歩くことができます。ガイドの案内を参考に、子どもたちの”なんで?”に答えてあげましょう。また、サファリに展示されている動物について事前に調べておくと、子どもたちとのコミュニケーションのきっかけになるかもしれません。

午前、夕方、冬がお勧め!

昼間はゆっくりしている動物たちが活発に動く時間帯は、朝か夕方以降。季節でいえば、多くの動物が4月から6月に出産期を迎えるので、赤ちゃんが見たい人には、6月頃がお勧めです。また、涼しい秋になると動物たちはよく動きます。そしてほとんど雪が降らない群馬サファリパーク。実は、冬もお勧めです。

野生の王国Ⓡ 群馬サファリパーク

〒370-2321群馬県富岡市岡本1番地
Tel.0274-64-2111

[キャンペーン期間]

2018年10月10日〜11月30日まで

読売KODOMO新聞
お申し込みフォーム

お申し込みに関する注意事項

  1. 読売KODOMO新聞・読売中高生新聞の定期購読をお申し込みいただいた方に、群馬サファリパークの入園チケットを購読で毎週ペア5組10名様に、おためし読みでもれなく割引券を進呈致します。
  2. 読売KODOMO新聞の購読料金は月額500円(税込)、読売中高生新聞は月額780円(税込)です。
  3. 読売KODOMO新聞・読売中高生新聞に契約期間の定めはありません。1ヶ月からでもご購読が可能です。
  4. 無料おためし読みは1回限りとなります。ご購読をご希望される方は最寄のYC(読売センター)などでお申込手続きをお願いいたします。
  5. 無料おためし読み後、ご購読の義務は生じませんのでお気軽にお申し込みください。
  6. 当コラボキャンペーンは、こちらのサイトからお申し込みいただいた場合のみ適用されます。他サイトからのお申し込みはキャンペーン対象となりませんのでご注意ください。

KODOMO新聞、中高生新聞のお届け先とご請求先を分けることも可能です。
実際のご購読契約のタイミングで担当より詳細をお話しさせて頂きます。

お申し込み内容必須
お名前必須
お届け先ご住所必須
  1. 郵便番号   
  2. 都道府県   
  3. 市区町村   
  4. 番地・建物名
E-mail必須
電話番号必須

読売KODOMO新聞×群馬サファリパーク
子どもの見たい!知りたい!
応援キャンペーンの個人情報の取扱い同意書

当社が取得した個人情報は、当社個人情報保護指針に従って厳重なる管理の上、下記の範囲内で取り扱い、目的外の利用はいたしません。また、参加者の個人情報を保護するために必要な安全管理措置の維持・向上に努めてまいります。
提出いただいた個人情報は、キャンペーン応募者情報管理業務にのみ、利用させて頂きます。
キャンペーンお申し込みの個人情報については、事務局からお近くのYC(読売センター)に連絡いたします。YCは個人情報を紙面のお届け、新聞購読のお勧め、各種サービスのご案内等に利用させていただきます。また、管理上必要な場合、読売新聞東京本社販売局に情報を提供することがあります。
キャンペーン情報管理業務その他データ処理業務で外部に預託することがありますが、この際は、当社基準に合致した個人情報保護管理体制を保有する企業を選定し、厳粛な守秘義務契約を締結した上で預託します。
個人情報に関する利用目的の通知、開示請求、訂正、削除依頼、利用及び第三者提供停止、苦情・相談については、下記窓口までお申し出下さい。
尚、個人情報の提出については任意ですが、ご提供に関して同意を頂けない場合には、キャンペーン申し込みができない若しくは該当するサービスの提供、お問い合わせに対する回答などができない事をご了承いただくこととなります。詳細については、事務局にお問い合わせ下さい。

キャンペーン事務局:群馬よみうり新聞社 TEL 027-251-4143
E-MAIL kodomo@gunyomi.com